あの「ビリー・ザ・キッド」を、射殺した保安官の銃がなんと6億6000万円で落札される!?

f:id:fainansusiba:20210911140738j:plain

米西部開拓時代の無法者「ビリー・ザ・キッド」を、射殺した保安官の銃が6億円以上で落札された。

 まずは、ビリー・ザ・キッドについて話していきますが彼はニューヨークで生まれてから西部のニューメキシコ州で、育ちました。

 

 生年月日は、1859年11月23日とウェキペディアに書いていますがこれはパット・ギャレット著『ビリー・ザ・キッド、真実の生涯』に記されたことらしくて他には、9月17日11月20日と言う説もあるらしくてどれが本当なのかは謎らしいです。

 

 出生地は、ニューヨークと書いていましたがこれもオハイオ州イリノイ州カンザス州インディアナ州ニューメキシコ州ミズーリ州などの諸説もあるらしいですが真実は謎ですが僕は、ニューヨークと書いていたのでこれを信じますし生年月日も11月23日だと信じています。

 

 家族は、母のキャサリーンとジョセフと言う名前の兄か弟のどちらかがいてあとは父親もいたらしいです。

 

 ビリー・ザ・キッドの出生名は、ウィリアム・ヘンリー・マッカーティ・ジュニアと言う長い名前らしいです。

 

 彼が、犯した罪は殺人と脱獄で職業はアウトロー強盗だったらしいです。

 

 彼を、最後に射殺したのは保安官(ガンマン)のパット・ギャレットです。そしてギャレットさんが、射殺するために使った銃が今回6億6000万円で落札されたらしいです。

 

 他にもたくさんウェキペディアに、書いていましたが長いのであとは下にウェキペディアのURLを張り付けておきます。

ja.wikipedia.org

 

 そして今回の記事を、書くきっかけになった動画も下に張り付けておきます。

 


www.youtube.com

 

 私には、なぜこんな銃に6億6000万円の値がついたのか全く分かりませんが6億6000万円もあったら豪邸3つぐらい買える金額なので、こんな額を普通に払うことが出来るのは凄いと思いました。